手術器械管理システム TOPBANNER

ミズホ株式会社は手術用医療器具の国産メーカーです

>sitemap

TEL. 03-3815-3196

〒113-0033 東京都文京区本郷3丁目30-13

手術器械の的確なトレーサビリティーですべての患者様へ安心と安全を提案します。

ミズホ株式会社は、手術用鋼製器具や手術台・インプラントなどを製造している手術室全体を手がける総合メーカーです。
私たちの製造する手術用鋼製器具が患者様に安全に安心してお使いいただけるよう手術用鋼製器具管理システム「SURGICAL BRAIN SYSTEM」をご提案しています。

TOPICS

  • 「SURGICAL BRAIN SYSTEM」は手術用鉗子や鑷子、剪刀など手術用鋼製器具や手術器械をデータベースで管理することを可能にしたシステムです。各種器械、鋼製器具が手術室での使用状態、中央滅菌材料室での洗浄・滅菌などの器械再生業務・中材業務のなかでの状態管理や、手術用鋼製器具の修理履歴、手術用鋼製器具がどのような手術・患者に使用されたかの手術履歴などをトレースすることが可能です。
  • 手術用鋼製器具へのダイレクトマーキングや、手術セットコンテナーのRFIDなど最新の技術を使用して、手術用鋼製器具の小物単品管理を可能としました。スピーディーな組立支援や自動化された進捗管理機能などで中央滅菌材料室の業務をサポートします。

NEWS新着情報

2016年10月1日
終了しました。
ランチョンセミナー・展示ブースへ多数ご来場いただきまして、誠にありがとうございます。
(イベントページへ)
ーーーーーーーーーーーーー−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
2016年11月4日(金)〜2016年11月5日(土)
沖縄コンベンションセンターで開催される「第38回日本手術医学会総会」に企業展示を致します。また11月4日(金)にはランチョンセミナーも開催されます。皆様のお越しをお待ちしております。

ランチョンセミナー2 12:30 〜 13:25
「トレーサビリティの標準化へ向けて −器材管理の見える化でわかること−」
     司会:斎藤 誠一先生
       (琉球大学大学院医学研究科腎泌尿器外科学講座 教授)
     講師:久保田 英雄先生
       (東京医科歯科大学医学部附属病院材料部 副部長)
※ランチョンセミナーは整理券制です。当日配布所にてお受け取りください。
2016年9月20日
終了しました。多数の皆様のご来場、心より御礼申し上げます。
(イベントページへ)
2016年10月26日(水)〜2016年10月28日(金)
東京ビッグサイトにて開催されるHOSPEX JAPAN2016に出展致します。
最新のマーキング事例などを中心に展示いたしますので、ご来場の際は
ミズホブースへ是非お立ち寄りください。
2016年6月3日
⇒終了しました。多数ご来場ありがとうございました。
イベントページへ)
6月23日から開催される日本医療機器学会大会・メディカルショージャパンに出展いたします。皆様のご来場をお待ちしております。
また併せてトレーサビリティ関連のシンポジウムが開催されます。是非ご聴講をお願いいたします。

第91回 日本医療機器学会大会 
メディカルショージャパン&ビジネスエキスポ 2016
会期:2016年6月23日(木)〜25日(土)
会場:大阪国際会議場(グランキューブ大阪)
大会長:南 正人(大阪大学医学部附属病院 手術部 部長・病院教授)
(ご案内についてはこちらをご覧ください。
2016年6月1日
SURGICAL BRAIN SYSTEM ソフトウェアバージョンアップ
V1.6をリリースしました。主な機能アップは以下のとおりです。
電子カルテ連動機能 / 自動倉庫・回転保管棚連動機能
病棟外来機能    / 病棟外来棚卸し機能
個別カウント表の対応 / 新型2次元リーダー対応
詳細な内容につきましては、お問い合わせください。
2016年5月30日
⇒終了しました。(イベントページへ
第27回 手術看護学会関東甲信越大会に出展致します。また、ランチョンセミナーに共催いたします。ランチョンセミナーチラシはこちらからダウンロード可能です。
皆様の来場をお待ちしております。

2016年6月18日(土)パシフィコ横浜 アネックスホール
ランチョンセミナー 12:25〜13:15
「手術部と中材部のチェーンマネージメント」
東京大学医学部附属病院 手術部 准教授 深柄 和彦 先生
東京医科歯科大学医学部附属病院 材料部 副部長 久保田 英雄 先生
2015年8月25日
10月に開催される日本手術学会において、ランチョンセミナーに共催いたします。ぜひご参加ください。
【開催概要】
2015年10月10日(土)12時10分〜13時10分
「看護師の考える手術用鋼製器具トレーサビリティ」
 座長 久保田 英雄先生(東京医科歯科大学医学部附属病院 材料部)
 演者 岡林 紀恵 看護師長(東京医科歯科大学医学部附属病院 手術部)
    貝沼 純 看護副師長(福島県立医科大学附属病院 手術部)
※チケットは当日朝に会場で配布します。
ミズホブースも出展しています。ご来場の際にはお立ち寄りください。
ランチョンセミナーチラシはこちらからダウンロードください。
手術器械・鋼製小物管理システム


工数や人手のかかる中央滅菌材料室での手術用鋼製器具の管理作業ですが
このような不安がある中で中材業務を行なっていませんか?
SURGICAL BRAIN SYSTEMはこのような手術用鋼製器具に関する問題への解決策をご提案します。

手術室 管理者  手術に使用する鋼製小物が多すぎて紛失が絶えないし、残留事故が心配だ・・・。  
   手術室管理ベンダ  手術用鋼製器具運用管理システム「Surgical Brain System」は手術器械器械を単品でシリアル管理するので、 紛失や入れ替わりなどを防止することができます。 
看護室 室長   手術器械がきちんと洗浄・滅菌・保管できているか、今までにどんな手術で使われたか分からない・・  
   鋼製小物メーカー  手術用鋼製器具の単品管理によって手術器械のの滅菌状態や手術使用履歴、修理履歴などのトレーサビリティを 可能にします。
看護室担当者 この鋼製小物は安くて買ったんだけど、すぐに破損して修理に出してるんじゃないかしら・・・?  
   鋼製小物ベンダー 金額情報も管理できるので、鋼製小物を総資産として捉えることもできますし、手術器械の修理金額や廃棄時期などから 手術用鋼製器具のライフサイクルでコスト算出も可能です。 
手術部部長  手術セットの組立、カウント作業はベテランじゃないとできない・・・。  
   手術器械管理ベンダ 2次元シンボルで手術用鋼製器具を単品管理することにより、詳細が分からない初心者でも組立確認、回収できます。実行者を確認も出来るので作業トレーサビリティにもなります。

これらの問題以外でも今までに人的な管理で行っていた中材作業をシステムで補完することにより、業務の「見える化」を推進し、今までに水面下で目に触れなかった問題を顕在化し、中央滅菌材料室業務の解決に向けての第一歩を踏み出すことができます。

SURGICAL BRAIN SYSTEMの概要説明へ

バナースペース

ミズホ株式会社

〒113-0033
東京都文京区本郷3丁目30-13

TEL 03-3815-3196
FAX 03-3815-4772


お問合せはこちらへ
手術器械管理システム連絡先 手術器械トレーサビリティ


サイト マップ
varsite

スマートフォン版